日  時2024年1月13日(土)10:40~11:30
学  校  名目黒区立東山中学校
実施学年2年生 3クラス(119名)クラス単位で実施
3先生 3クラス(109名)クラス単位で実施
課 程 等総合的な学習の時間
実施内容キャリア教育「生き方教室」
協力企業2年生
  株式会社三井住友銀行 
  渋谷駅前支店 田中伸夫様、中山将吾様、大石恭平様
 株式会社東京エフエム
  コンテンツビジネス本部 編成制作局 制作部 野元翔平様
 日本アイ・ビー・エム株式会社
  コンサルティング事業本部 山崎武洋様
3年生
 三井住友カード株式会社
  経営企画部兼サステナビリティ推進室 相良伊織様
 ヤマト運輸株式会社
  南東京主管支店 人事総務担当 紅林冴佳様
 アマゾン ウエブサービス ジャパン合同会社
  法務部 公共部 笹沼 穣様
 アマゾン ジャパン合同会社
  法務部 リテール事業部 大石真帆様

「生き方教室」で学んだこと

第2学年担当

【講師:株式会社三井住友銀行 田中伸夫様、中山将吾様、大石恭平様】

 非常に身近ながら、詳しく知らなかったお金の知識について生徒も私も楽しく学ぶことができました。投資体験ゲームは、授業後も生徒たちの話題に上るほどの盛り上がりでした!

教科指導と合わせて生徒自身が自分と働くことを結びつけながら長い人生を歩む支援をすることも私たち教員の大切な仕事です。2年生は既に職場体験学習を実施していますが、勤労観や職業観を養うにあたり、これを学校だけで完結させるのは本当に難しいと日々感じていました。実際に働く大人の姿を見て、働く意味や目的を見出すきっかけにしてくれたらと願っています。本日は貴重な時間をいただきありがとうございました。

【講師:日本アイ・ビー・エム株式会社 山崎武洋様】

 本日は貴重なお話を聞かせていただきありがとうございました。駅の改札や飛行機の発券など身近なところでお世話になってますが、今日改めてその裏側を聞けてとても興味深かったです。特に「今やっていることが必ず今後生きてくる」という言葉が印象に残りました。ありがとうございました。

【講師:株式会社エフエム東京 野元翔平様】

ラジオ番組制作の裏側、とても興味深いお話でした。見えないところで誰かが誰かのために働いている、そんな当たり前のことを再認識できる貴重な体験でした。

自分の将来について夢や憧れを持っている生徒が年々少なくなっていると感じています。「回り道が楽しかった」と語る野元さんの姿を見て、働く意味や目的を見出すきっかけにしてくれたらと願っています。本日は貴重な時間をいただきありがとうございました。

第3学年担当

【講師:三井住友カード株式会社 相良伊織様】

目の前の入試・学力のことで頭がいっぱいになりがちなこの時期、広い視野を持つこと自分が必死に学んだことが進路選択につながることは貴重なお話でした。

 金融経済教育はまだまだ足りていないと感じています。こういった機会がありがたいです。自分が中高生の頃にもあってほしかったくらいです。本日はありがとうございました。

【講師:アマゾン ジャパン合同会社 笹沼 穣様】

「失敗をおそれない」。このことを子ども達に話す大人の方は多いですが、アマゾンのスマホの失敗事例、会社のトップが「あなたが最後に失敗したのはいつか」と質問したこと、「ことばにできる失敗例をもってないとだめ」、「辛抱強くチャレンジすること」など、深く心の奥底に浸透する話をできる人は、そんなにいないと思います。

生徒からのお礼のことばの中で、印象に残ったことの中にも、そのことばがあったように、子ども達のこれからの人生に大きな意味のあるお話をして頂けたと思います。そして、「給料が高いことよりもやりがいを見つけることが大切」、「経験して、失敗して、学んで、やりがいを見つけて、世界を変えていってください」というメッセージ、笹沼さんの生き方から絞り出されたことばから、生徒も私も勇気をもらいました。ありがとうございました。

【講師:アマゾン ジャパン合同会社 大石真帆様】

ご多用の中ありがとうございました。生徒達は普段生活している世界が全てであると考えてしまっているところがあります。しかし、大石さんのような海外を含めた様々な経験をされた方の体験談を聞くことで、確実に世の中への視野が広がり、生徒達の人生や価値観に大きく影響したと思います。

私が特に印象に残ったのは、大石さんが仰っていた「Day one」という言葉です。自分を変える行動を起こすことの人生における重要さを強く感じました。遅くからのスタートでも懸命な努力は結果として帰ってくるのだと勇気をいただきました。将来へのポジティブなメッセージを子供たちに伝えることの大切さを、私自身が再確認する時間にもなりました。貴重な機会をありがとうございました。

【講師:ヤマト運輸株式会社 紅林冴佳様】

ヤマト運輸と聞いて、宅急便というイメージしかありませんでしたが、物流が様々な隔たりを解消する手段であること、また宅配業務だけでな<、メンテナンスセンターやメディカルセンターがあることを知りました。東日本大震災では企業としての対応が早くそして的確に行われ、ボランティア活動や支援活動に携わっていてありがたいことだと思いました。

働くことの意義について、目的をもって行うことで視野が広がりパフォーマンスも上がるというお話をいただき、生徒にとってこれから進路決定に向かう上でためになる話でした。ヤマト運輸さんのお話だけでな<、紅林さんがこの職業を選んだ理由やこれまでの経験から学んだことなどご自身のお話も生徒たちに伝えていただきたかったです。