日  時2021年11月25日(木)13:30~15:20
学  校  名目黒区立第八中学校
実施学年2年生 3クラス(90名)クラス毎に2社の話を聞く
課 程 等総合的な学習の時間
実施内容キャリア教育「生き方教室」
協力企業株式会社三井住友銀行
  経営企画部 サステナビリティ推進室 松井悠貴翔様
日本水産株式会社
 CSR室 CSR課 畝尾規子様
読売新聞東京本社
 教育ネットワーク事務局 大石 暁様

「生き方教室」の感想

2年担任 西田 蓜島 阿部

【株式会社三井住友銀行様】

 講師の松井さんは、若い方でまだ講義に慣れないご様子でしたが、とても初々しく、比較的近い年齢のため、生徒達もリラックスしてお話を聞いていました。

 金融に関する系統立った知識のほとんどない生徒たちに、銀行の業務についてわかりやすく教えてくださったり、預金と投資の違いなどを具体的に説明してくださったりして、生徒たちも新しい知識を得ることができる新鮮で充実した一時間だったようです。

 仕事をする上で大切な能力は、みんなと手を取り合って協力していくことのできる力であること、そのためには、社会に出れば様々な人がいるということを前提に、自分の軸をしっかりともった上で多くの人に対応していく力が求められる、というようなお話を伺いました。

 本校の生徒たちのために、お力を貸していただきありがとうございました。

【日本水産株式会社様】

 講師の畝尾さんは、とても明るく、元気がある方で生徒の反応を引き出すクイズ形式の質問や考えさせる発問を随所にちりばめ、笑いを交えながら話をしていただきました。ニッスイのことだけでなく、自分がどのようにして入社したか、ニッスイの商品を例にして仕事がどのようにつながっているか、また、その仕事がどのような広がりをもっているか等をイラストや画像を使って分かりやすく解説してくださいました。

 特に、働くということや仕事をするということについて、畝尾さんから3点の視点を挙げていただきました。中学生にとって非常にわかりやすく、大切なことがユーモアを交えて話していただいたことで将来への不安ではなく、楽しみな未来になったことが生徒の感想からも伺えました。

 お忙しいところ本校の生徒のために時間を割いていただき、ありがとうございました。

【読売新聞東京本社様】

 本区では小中学生に一人一台のタブレット端末の支給がされているため、本校生徒も知りたい情報があればすぐに検索窓に入力して得られる環境にあります。それもあり、毎日学級には当日の朝刊が毎朝1部届けられていますが、手に取って読む生徒はほとんどおりませんでした。今回、講師の大石さんから、なぜ新聞を読むことが大切なのか、新聞を読むとどのような力が身につくのか、というお話をいただきました。新聞の読み方についても「つまみ食い読み」を提唱していただいたので、生徒も「すべてを読まなくていいんだ」と安心しつつも、「知りたい情報以外も知ることができる」という更なる利点を感じることができていました。そのため、翌日の学級用朝刊を手に取る様子も見られ、新聞を読んでみたいと、興味をもった生徒も多くおりました。

 お忙しいところ本校の生徒のために時間を割いていただき、ありがとうございました。

生徒の感想文から(抜粋)

  -準備中です-

【講師:株式会社三井住友銀行 松井悠貴翔様】

【講師:日本水産株式会社 畝尾規子様】

【講師:読売新聞東京本社 大石 暁様】